ワンプレス革命?

投稿者:

   こんにちは。クルビライフです。

 

いざ3Dプリンターをやり始めると、アイディアが湧き出てきて楽しいです!

今日思いついたのは、菌糸ビン詰めを効率化するツールです。

 

菌糸ビン詰めといえば、世間ではハイスペックなプレス機が、ワンプレス用に筒状のサポートとセットで販売されていますね。

欲しいけど高いし、場所をとるので手を出さないでいたのですが、いっそ自分で作ってしまえ!ということで3Dプリンターで作ってみます。

 

筒状のサポート材はたぶん簡単に作れるので、問題はワンプレスをできるだけのパワーソース。

筋トレマニアなので筋力には多少自信がありますが、さすがに腕では数百kgのプレス圧は再現できません。笑

 

そう、腕では

 

ならば脚だ!

 

ということで踏んでプレスできる仕組みで早速設計してみました。

 

まずはサポートから。

 

僕が今使っているボトルのフタは、ボトルに出っ張りが4つ、フタの内側にL字の受けが4つあり、出っ張りがL字の受けに収まることでフタが締まります。

 

 

 

この出っ張りとL字の受けがやや斜めになっているので、拘束力が発生しています。

ですので、サポートの内側にも同様のL字の受けを設けてサポートを拘束できるようにし、さらにサポートとボトルの内側の面を揃えるように少し出っ張らせます。

 

イメージはこんな感じです。

 

 

これがうまくいけば、他のメーカーのボトルのネジに合う形を探って、いろんなボトルに対応できるものを作ってみます。

 

さて、問題のプレス部分ですね。

 

ワンプレスするとなるとそこそこ長さが必要ですね。

さらに筒の内側ほぼピッタリの径で、かつ足で踏みやすい形状結構難しいです。

 

今思いつくことは、下の図のように踏む部分をサポートより少し広くして、サポート上部と接して止まる設計にすることくらいですね。

 

 

これで過剰なプレスを避けることができます。

 

シンプルに円柱状か、はたまたくびれを作って鼓状にするか

表層を分厚くして中をハニカムか3D系のインフィルで満たせばいけるかな?

 

うーん、なかなか難しいですねー。

 

 

まずはサポートだけ作って、それから考えてみますか!

 

ということで作成開始ー!

 

続きはまたの機会に。

 

 

クルビライフ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です